全世界対応建物高データの提供ツール

全世界対応建物高データの提供ツール

概要

 全世界対応建物高データの提供ツールで回線設計や単独利用も可能にします。

   多くの大学や研究者からデータを研究の為使いたいとのご要望が有りました。
  しかし今までは、建物高データは日本国内と世界対応は別々に存在し、利用もRVMX製のソフト内での利用に限定され、格納精度も違いが有りました。
  そこで、世界対応に統一し、単独での提供も可能としました。
  回線設計よりの動作は2018年度以降となります。正規版は2019年版よりの予定です(2018年版は試用機能です。)
   松山市内をGL高度も考慮して3D表示例

1.使い方

   -1.初期画面
   
    a.左上又は中心     指定エリアの左上又は範囲指定の中心の緯度経度
     a-1.緯度       緯度指定
     a-2.経度       経度指定
     a-3.地図より     地図より緯度経度を指定
   マウスでダブルクリックすると、その地点の緯度経度となります。
    b.右下         指定エリアの右下の緯度経度
     b-1.緯度       緯度指定
     b-2.経度       経度指定
     b-3.地図より     地図より緯度経度を指定
    c.行政界より      行政界より緯度経度指定
   
    d.ファイルより     緯度経度付きファイルより緯度経度を指定
    e.クリア        緯度経度をリセット
    f.中心と平方Km     中心緯度経度(左上コーナー)、緯度経度が無いときは都市名指定と平方Kmを指定して緯度経度指定
   中心都市名又は住所
   平方Km
    g.開始ボタン      建物高データの抽出開始、終わると指定出力へ出力
   抽出中表示
    h.終了         本ソフトの終了
   -2.プルダウンメニュー
    ・システム
   
     a.条件          GL高を利用するDEMデータを指定。データが無いときはGoogleMapを指定して下さい。
     b.読み取り間隔      建物を抽出する間隔(m)指定。
     c.3Dとdem3にGLを付加  3Dとdem3出力時にGL高を付加します。
   GL読み取り中表示
     d.建物の有効高さ     異常値を除去するために、上限を設定、0の時は制限無しとなります。
     e.壁無しも有効      アーケードや駐車場などの壁のない建物も有効とします。但し、日本国内のみ有効。
   有効でアーケードを表示
   無効でアーケード無し
     f.任意建物        建築予定の建物等を追加できます。
   追加前
   追加後
     g.建物データバックアップ 取得・作成済み建物データのバックアップと復元
      g-1.保存
      g-2.復元
     h.日本の建物インストール 別途販売のRVMX製日本の建物データのインストール(これにより、インターネット環境が無くても動作します)
                  jphouse2018.dat(2018作成データの例)を指定、その後上書きと無いもののみの選択ができます。
     i.音声メッセージ     メッセージを音声で
     j.終了          本ソフトの停止。
          ・出力
   
     a.出力先    出力先を指定
      a-1.ファイル CSV(汎用)とdem3(RVMXフォホマット)・SHPへの出力が出来ます。
      a-2.画像地図 地図上に表示します(下記説明参照)
      a-3.3D地図  3D地図で表示します。
     b.背景地図   画像地図や3Dの時の背景地図を指定します
   
      この機能を利用するには、インターネツト環境が必要です。
      b-1.GoogleMap衛星
      b-2.GoogleMap道路
      b-3.BingMap衛星
      b-4.BingMap道路
      b-5.オープンストリートマップ
      b-6.白地図
      b-7.グレイスケール  白黒地図
      b-8.キャッシュ    地図データの再利用
     c.建物(構造物)の色 画像地図上に描くときの色確認
   初期値
     また、ルートにbuldinghcor.configを配置すれば変更もできます。但し、日本詳細建物と共通
      フォーマットは
      高さ1(低い方より),色(RGBを16進で6桁,例ff0000=赤)
      高さ2,色(RGBを16進で)
      必要なだけ繰り返し
      但し、1行目は6m、2行目は10mに高さが固定されます。(日本詳細建物に合わせる為)
      buldinghcor.configを削除すれば初期値に戻ります。
     d.透過度(%)     画像地図上に描くときの透過度
     e.shp用コンタ処理  shp出力時に境界線を検出し建物に戻す。(但し、ポリゴンで無いので属性表示はできない)
     f.shp用メッシュ結合  shp出力時にメッシュを結合し建物に戻す。(暫定機能)
   処理無しの時
   処理有りの時
    ・ツール
   
     a.世界の建物デーチ抽出(日本以外) OSMより世界の建物デーチ抽出、日本はRVMXにより既に抽出済データを利用
     b.任意建物作成  建築予定や建物撤去など用の機能です。但し、建物撤去時の高さは0m以上(0.1m等)として下さい。
   地図上で作成
      ・作成作成手順
       ア.マウスの左ボタンで建物のコーナーを順に指定(クリック)
       イ.終わるとマウスの右ボタンをクリック
       ウ.建物の高さを聞いてきます。タワーの時は頭にtを付けてください。
   地図上で作成
       エ.保存ファイルを指定(拡張子house)
    ・Help
   
     a.Help     本説明
     b.サンプル   サンプルデータ
      b-1.パリ
      b-2.新宿
      b-3.松山市
     c.手動認証   年間利用と継続利用の認証を強制的に行います。
       一度認証すると約1ケ月は認証要求が来ない為、出張などでインターネット環境のない場所行くときは事前に認証を済ませることが゛てきます。
     c.バージョン  バージョン表示
   ゲストユーザさん用に動作残日数も表示されます。

2.画像地図表示

   -1.高さ確認
     マウスを目的の位置に持っていくと高さが表示されます。
   
   -2.プルダウンメニュー
    ・システム
   
     a.ファイル
      a-1.保存        表示地図画像を緯度経度付きで保存します。(jpg・bmp・png・gif・tif等)
      a-2.保存後表示     チェックしておくと保存後即表示して確認ができます。
     b.終了          画像地図を終了
    ・表示
   
     a.画面に合わせる     表示を画面サイズに合わせるのON/OFF     ・オプション
   
     a.任意建物作成  建築予定や建物撤去など用の機能です。但し、建物撤去時の高さは0m以上(0.1m等)として下さい。
   地図上で作成
      ・作成作成手順
       ア.マウスの左ボタンで建物のコーナーを順に指定(クリック)
       イ.終わるとマウスの右ボタンをクリック
       ウ.建物の高さを聞いてきます。タワーの時は頭にtを付けてください。
   
       エ.保存ファイルを指定(拡張子house)
     b.建物データ修正 建物が現実と一致しない時、修正できます。
      b-1.単独修正開始  1建物の修正を行います。
                操作方法はマウスの左ボタンで建物のコーナーを指定し、終了すると右ボタンをON、これにより高さを聞いてきます。
   
                いらない建物が有る時は、一度0mを指定して更地に戻して下さい。
      b-2.連続修正開始  複数の建物の修正を行います。
                操作方法は、単独修正と同じです。
      b-3.連続停止    連続修正を終了させます。
      b-4.修正データベースへ保存 修正データを永続的に利用する為、データベースへ保存します。(但し、PC単位となります。)
                他のPCへ反映させたいときは、データバックアップをとって、他のPCで復元してください。
      b-5.関連修正データベースを削除 現在表示されている地図範囲に関連する修正データベースを削除します。
      b-6.修正データベースを使用しない 試験的に修正データベースを使用しないで地図を作成してみます。
      b-7.修正削除    単独修正や連続修正で修正中のデータ(データベースへ保存前)をクリアします。
      b-8.GoogleEarthで表示 修正用に関連範囲をGoogleEarthで表示します。地面は白として、建物をわかりやすくします。
                 (但し、GoogleEarthがインストールされている必要が有ります)
   GoogleEarthを表示中例


3.結果例

   -1.パリを3D表示の例
   

   -2.新宿を3D表示の例
   

   -3.松山市をGLを付加して3D表示の例
   

   -4.鳩ケ谷駅(埼玉高速鉄道)周辺で建物を修正した例
   修正前で赤矢印の建物データが無いのがわかります

   修正後


4.ライセンスについて

    回線設計よりの利用と単独での提供の場合により違いが有ります。
    -1.回線設計よりの利用は回線設計のライセンスを継承します。
    -2.単独での提供の場合は、下記の3方法(a〜c)があります。
     a.単独ライセンス方式、ライセンスはPC一台に対して一度のみの利用となります。PCの変更には再度別ライセンスが必要となります。
      価格は30,000円(税別)
     b.年間利用方式(1年間有効)、オンラインでユーザー登録しライセンスはRVMXサーバーが管理します。PCの更新は可能です。
      価格は新規時:50,000円 継続時:30,000円(税別)
     c.継続利用方式(利用期限無し)、オンラインでユーザー登録しライセンスはRVMXサーバーが管理します。PCの更新は可能です。
      この方式は、RVMX社のオンラインショップのツール関連からもご購入できます。
      価格は100,000円(税別)

     単独での提供でのライセンスの取得方法
     a.Webよりソフト(zip)を取得
     b.適当なフォルダーを作成しそこに解凍
     c.解凍した中にRVMX_buiheightdis.exe(ソフトの本体)が有るので、これをダブルクリックして起動
     d.ソフトが立ち上がると、メモ帳が表示(下記参照)されます。その中の?マークの位置に必要事項(*印は必項)を記入後コピーし、指定のMail宛に張り付けて送信。
      ************************
      世界の建物高データ利用のライセンスを送付して下さい。

      00/EiZUlMGcN4IRI3rL1ITZt5uJ35SsSLucFEkC32gOjsorNFUwZiO6w==
      *氏名:?
      会社又は学校名:?
      *Mail:?

      ご希望ライセンス方式:1.単独ライセンス・2.年間利用・3.継続利用(必要な文字を残し他は削除して下さい)
      振込み先金融機関:****************
       〃 口座名義:**********
       〃 口座番号:**********
       〃 口座読み:*****************

      住所:?

      電話:?

      用途:?

      *振込み確認用名称(振込みに書かれる名称):?

      この文書の?個所に記入後(*印は必項です)、文章をコピーして
      Mailの送り先:*****@**********
      宛にお送りください。
      1.単独ライセンスの場合、到着後試用ライセンス(14日有効)ファイルを作成し、返送します。
      その後、ご入金が確認できれば、正規ライセンスファイルを作成し、お送りします。

      2.年間利用・3.継続利用の場合、ライセンスファイルと請求書を作成し、返送します。
      ライセンスファイルはソフトのインストールフォルダーへコピーして下さい。
      また、試用ライセンスが届くまではサンプル機能のみが有効となります。
      ************************
     e.この状態ではサンプル動作のみの動作となります。
     f.ゲストユーザー用ライセンスファイルが添付で返送されてきます。これを解凍しソフトが有るフォルダーへコピー、これにより14日観動作します。
     g.入金が確認されると、正規ライセンスをお送りします。これを解凍しソフトが有る上書きフォルダーへコピー。これにより継続使用が出来ます。

5.データについて

    -1.日本国内は複数データ(Google EarthよりAI建物高度取り・国土地理院建物データ及びOSM)より事前に作成しています、日本以外はOSMよりユーザーさんが作成します。
     その為、元データの精度や更新遅れ・AIの読取り精度により現実と一致しない箇所もあります。
    -2.日本国内はデータはオンラインでRVMXより自動的に取得します。よって、RVMXサーバーの動作している必要があります。
    -3.日本国内はデータは別途DVDでの提供も可能です。インストールはソフトより行います。RVMXサーバーの動作の条件はなくなります。
      価格は、日本全国で100,000円(税別)です。mailでご依頼(送付先とソウトの製品版番号も記載して)ください。
      入金が確認されるとインターネット経由でお送りします。但し、サイズが大きいので分割してデータ便等でお送りします。

 

6.関連Help

    -1.回線設計・音達シュミレーションやRVMX_GISViewerより全世界対応建物高データの提供ツールを利用

 

6.その他

    -1.範囲が大きいとデータ量が多くなりメモリーエラーとなる可能性が有ります。
    -2.インターネットに接続できる環境が必要です。

  注意:.NetFrameWork4.5以上がインストールされている必要があります。

提供ソフトのQ&A
(有)RVMX