回線設計・音達シュミレーションやRVMX_GISViewerより全世界対応建物高データの提供ツールや日本データを利用

回線設計・音達シュミレーションやRVMX_GISViewerより全世界対応建物高データの提供ツールや日本データを利用

概要

 回線設計・音達シュミレーションやRVMX_GISViewerより全世界対応建物高データの提供ツールや日本データを利用。

   RVMX製建物データを利用したいとの要望が多くあり、単独提供Toolを作成しました。
  dem3などの作成機能も有るため、このToolを回線設計ユーザーにも開放する為の機能です。
  また、回線設計・音達シュミレーションやRVMX_GISViewerよりも全世界対応建物高データの日本データを利用する機能を追加
  回線設計よりの動作は2018年度以降となります。正規版は2019年版よりの予定です(2018年版は試用機能です。)
  将来的には、日本詳細建物を使う機能は停止予定です。(全世界対応建物高データに日本データが含まれるため)

1.回線設計より提供ツールの使い方

   −2.回線設計の最初の画面より、サブメニューより
     a.FWA/無線LAN・他を選択し、StartポタンをON
   

   b.サブメニューより選択

      全世界対応建物高データの提供ツールを選択し、OKポタンをON
   
      全世界対応建物高データの取出しツール2019メニューに無い時は、メニューに登録
      登録したい場所を選択し、Menu Setボタンを押して、候補より全世界対応建物高データの取出しツール2019を選択

2.全世界対応建物高データの日本データを利用の使い方

    -1.回線設計より
     特に変わったことをする必要はありません。
     a.回線設計の最初の画面より、地図データ->建物の高さデータ->世界の建物データ利用をチェック
   
     b.回線設計の最初の画面より、システム->動作環境->建物の高さ->建物の高さを考慮をチェック
   
     c.その後は普通に使えます。      但し、サービスエリアのマルチタスクには対応していません。マルチタスクはツールでdem3を作成し、それを使ってください。
    -2.音達シュミレーションより
     a.詳細設定で世界の建物データを利用をチェック(日本詳細建物とは共存できません)
   
    -3.RVMX_GISViewerより
     a.GISデータ->世界対応建物データをクリック
   
     b.範囲が指定されているときは、自動的に読み取りが開始されて、終了後地図上に作図されます。
      範囲指定がされていないときは、提供ツール画面で範囲指定をして読み取り、終了後地図上に作図されます。
     注意:範囲が広いと、建物の為細かく読み取る為、時間がかかるのと、メモリーオーバーになる可能性があります。
   松山市で作成例

 

5.関連Help

    -1.全世界対応建物高データの提供ツールを利用

 

6.その他

    -1.日本国内データが無いときは自動的にRVMXより取得します。よって、RVMXサーバーが稼働している必要があります。
     但し、事前に必要データを取得済みの時は動作します。
    -2.提供ツールで範囲が大きいとデータ量が多くなりメモリーエラーとなる可能性が有ります。
    -3.日本以外の建物データを利用するときは、事前に全世界対応建物高データの提供ツールを使って
     プルダウンメニューのツール->世界の建物デーチ抽出(日本以外)より必要エリアのデータを作成しておいてください。
     作成には時間(自動で必要なOSMの取得や建物抽出を行いますので)がかかります。しかし、一度作成すると、キャッシュに保存されます。
     他のPCでそれを利用するときは、システム->データバックアップよりバックアップを取って、他のPCで復元してください。

  注意:.NetFrameWork4.5以上がインストールされている必要があります。

提供ソフトのQ&A
(有)RVMX