GoogleMaps APIの有料化対応について

GoogleMaps APIの有料化対応について




  Googleは2018/7/16以降GoogleMaps APIの有料化にすると発表しました。
  RVMXでの2018/7/16以降のGoogleMaps APIの有料化について参照
  2018/7/16以降開発用のキーを埋め込んで対応していました。しかし、2020/7より動作しなくなりました。恐らく上限値をオバーしたものと思われます。
  原因はコロナの影響で在宅が増加し、世界中よりCesiumフライトシュミレーションのサンプルへのアクセスが急増していました。
  その中でも地図表示にGooglemapを使っていた為ではないかと思われます。(フライトシュミレーションでは移動に伴い地図を要求する為リクエスト数が多い)
  これにより影響の出る機能は、GoogleMapやAPIを利用しての地図作成・緯度経度変換・ルート検索などです。
   利用権限が無くなったときの地図画面

  1.対応方法

     ユーザーご自身でGooglemap APIキー(有料)を取得して頂き、それを利用が基本です。有料キーでも26000/月以下なら無料です(2020/7現在)
     よって、回線設計で使う程度なら、課金されることはないと思われます。但し、同じキー複数人での使いまわしは利用回数が増える為、お勧めできません。
     また、利用回数の上限の設定などもできます。
     取得されたキーをファイル名ggid.configにキーを保存し、ルートに配置して下さい。
     また、キーの代わりにapidisenableをggid.configに保存すると、GooglemapのAPIは使わなくなります。代替えが有る時は代替えを使います。

     その他、Cesiumフライトシュミレーションのサンプルの地図表示をOpenlayerへ変更しました。
   Openlayerへ変更によるアクセス数の減少、Googleのリポートより

  2.APIキー取得方法

     GoogleMaps APIキー取得
     -1.出来れば、ドメイン(会社などの)やIPを指定し、他での利用を出来ないように制限することをお勧めします。
       ただ、個人契約のインターネット環境で決まったドメインやIPが無い時は、制限を付けることができません。
       また、ドメインを指定した時は、localhost/*も追加しておいてください。PC内の仮想Web環境で動作させるため。
     -2.取得手順
   コンソールをクリック
      その後は下記の手順で取得して下さい。
           取得手順参照

  3.注意

      取得されたキーの管理は厳重に行って下さい。他の人に無断で使われると課金される可能性が有るため。

  4.その他

     -1.GoogleやBing等の外部Webサービスを利用している機能については、提供先の仕様変更や停止により動作しなくなることが有ります。
     -2.代替え機能のあるものは、可能なもののみ付加しています(今後の予定も含めて)。
      しかし、調べると殆んどのWebサービス(Microsoftu・Yahoo等)はGoogleと同じく有料化で利用制限が掛かっています。
     -3.一度オバーした開発用のキーが復旧するかは不明です。

提供ソフトのQ&A
(有)RVMX