Windows 11へのインストールの事前情報と問題

回線設計他 Windows 11へのインストール事前情報と既知の問題


  主な流れ
   ・2021年10月20日?よりWindows11が発売開始となるみたいですが、
    その影響が気になります。

   ・Windows 11の現時点(2021/8/10)での確認。
    お試しの先行インストールを開始しているみたいで、多少のレポートが出始めています。当方の環境ではWindows11へUPできないみたいで、未確認です。
    主に海外よりのレポートですが、少しづつ情報が出始めています。

   ・2022/1にWindows 11(Windows10よりUpdate)で回線設計とパンザマスト強度計算が正常に動作したとの報告がユーザーさんより有りました。

1.Windows11について

   -1.動作環境で多くの要求が有ります。
     a.プロセッサ: 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)以降
        64ビットCPUで、第8世代のIntel Coreプロセッサー以降・AMD Zen 2プロセッサー以降・Qualcomm(クアルコム)の7/8シリーズプロセッサ以降
     b.メモリ:4 GB RAM以上
     c.ストレージ: 64 GB 以上の記憶装置以上
     d.システム ファームウェア:UEFI、セキュア ブート対応以降
        UEFIとは、コンピュータ内の各装置を制御するファームウェアとオペレーティングシステム(OS)の間の通信仕様を定めた標準規格の一つ。
        従来のBIOSに代わるものです。
     e.TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0以上
        TPM(Trusted Platform Module)とは、 セキュリティチップでコンピュータのマザーボードなどに装着される、
        セキュリティ関連の処理機能を実装した半導体チップ。
     f.グラフィックス カード:DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x以降
     g.ディスプレイ:9インチ以上、HD解像度 (720p)以上
     h.インターネット接続:Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です
     但し、Microsoftの互換性確認ソフトは当初は動いていましたが、不可の時の説明不足等で批判が有り現在は停止しています。
     今後必要条件の見直しが有るかもしれません。
   -2.Windows 10以降(将来)のOS対策についてにも書いていますか、RVMX製ソフトは45年以上前から開発されている為、
     古い環境が含まれています。一番気になる古い環境(VB6)が動作するかどうかです。
     海外よりのレポートによると、まだ詳しくは分かりませんが動作しそうです。
   -3.32Bitソフトの扱いについて、事前のうわさでは、動作しないのではと思われていましたが、
     詳しくは分かりませんがVB6が動作するのであれば可能ではと推測しています。

2.その他

   現在、VB6環境を外した将来OSの情報と問題の開発も継続しています。

関連リンク

   Windows XPの情報と問題
   WindowsXPよりのPC更新に関する質問
   Vistaへのインストールの情報と問題
   Windows7へのインストールの情報と問題
   Windows8へのインストールの情報と問題
   Windows8では操作方法が少し変わっている為、インストール方法と簡単な操作説明
   Windows64BitOSへのインストールの情報と問題
   Windows8.1へのインストールの情報と問題
   Windows10へのインストールの情報と問題
   将来OSの情報と問題
   Thin Client環境へのインストールの情報と問題

提供ソフトのQ&A
(有)RVMX