全世界対応建物で日本国内建物2022年版の紹介

全世界対応建物で日本国内建物2022年版の紹介

概要

 全世界対応建物で日本国内建物2022年版の紹介

  RVMXの回線設計ソフト内の利用する建物の高さデータで全世界対応フォーマットの建物データ(RVMXサーバー)の2022年版への対応。
  但し、日本国内用です、日本以外は今までの機能でユーザーさんが最新のOSMデータより作成できます。
  動作は2022年版よりとなります。

1.利用方法

    -1.回線設計の場合、最初の画面で設定。
    
     a.プダウンメニューの地図データ->建物の高さデータ->世界の建物データ利用をチェック
      これにより、建物データを利用するときは、日本国内の時は全世界対応建物2022版をRVMXサーバーより取得します。

    -2.音達シュミレーションの場合、詳細設定で設定。
    
     a.世界の建物高さデータをチェック
      これにより、建物データを利用するときは、日本国内の時は全世界対応建物2022版をRVMXサーバーより取得します。

    -3.FWA・無線LANの場合の設定。
    
     a.プダウンメニューのSystem->建物を考慮をチェック
      これにより、建物データを利用するときは、日本国内の時は全世界対応建物2022版をRVMXサーバーより取得します。
     b.建物の高さ制限  建物の高さより異常値が入っているときの除去機能として2022年版より追加しました、回線設計や音達には既に追加済み
    

    -4.全世界対応建物データ抽出ツールの場合。
    自動的に2022年版になります

2.利用例

   -1.新宿都庁よりの回線例
    2022年版
    2018年版
     白い部分が建物として認識しています。緑で建物らしき物は日本精密建物(2018年版)よりのデータで作成したデータです。

3.2022年版の変更箇所

   2018年版全世界対応建物高データ(日本国内)を元に下記で修正
   -1.国交省データの最新版(2021年末)
   -2.OSMデータの最新版(2021年末)
   -3.GoogleEarthとAIによる高さ予測の異常値修正

4.その他

   今後の修正は全世界対応建物のみとなります。日本精密建物データは日本国内しか同居出来ない為。

5.関連リンク

   -1.2022年版よりの建物名称表示機能

提供ソフトのQ&A
(有)RVMX