FX(外貨変換レート)チャートでRVMX AIによる将来値予測β版(参考)

FX(外貨変換レート)チャートでRVMX AIによる将来値予測β版(参考)

概要

 FX(外貨変換レート)チャートでRVMX AIによる将来値予測β版(参考)の紹介。

  AI(Artificial Intelligence)が進歩して、各種データの解析や予測が可能となってきました。
  RVMXでも以前にRVMX_AIを開発していました、この機能を利用して将来値予測を行う予測クラスを作成し、それを利用しています。
  正規版は2020年版よりの予定です(2019年版は試用機能です)。
    FXの予測画面例

1.使い方

   -1.起動
    a.起動にはライセンスが必要です。単独起動にはシュアウェアのライセンスが必要です。
    b.RVMX_Trend(RVMXトレンド予測)よりの起動(回線設計などより起動可能)
     RVMXトレンド予測を参照
   -2.必要データ
    銀行が公開している各通貨のレートの実績データをインターネット経由で自動取得します。
    インターネットが使えない時や銀行の非稼働日は、以前に取得したデータを使います。
   -3.画面説明  使い方参照

2.使い方

    コンテキストメニュー(画面でマウスの右ボタンクリックで出てきます)
   -1.X軸   時間軸制御
    

     -1-1.フルスケール  全データを表示
     -1-2.拡大      マウスの右ボタンで開始位置をクリックし、ドラック後終了位置でマウスをUPすれば、その部分が拡大されます。
   -2.外国通貨
    必要な通貨をチェックして下さい

   -3.ツールチップ     ONにしておくと、マウスをグラフの位置に持っていくと、日付・数値・グラフの種類が表示されます。
    

   -4.予測日数       予測する日数を指定、0の時は予測無しとなります。
    

   -5.予測に影響する過去時間比率   予測に影響する過去のデータの利用比率(1〜0)。1の時は全てのデータを利用、小さくなると最近のデータを利用。
    

   -6.予測に荷重値付加        予測に重みを付けて非直線予測。
    -6-1.開始値時刻         予測開始時刻の割合、但しデータ数に対してあまり小さいと予測できません
    

    -6-2.荷重値           予測重みの増加割合。
    

   -7.Help         本説明
   -8.バージョン
    

   -9.RVMX サイト     RVMXのWebサイトを開きます。

3.結果例

    -1.予測に影響する過去時間比率を0.5とした例
    

    -2.予測に影響する過去時間比率を1とした例
    

    -3.拡大で時間軸を拡大した例
    

    -4.データが途中で途切れているときは、予測値へ影響が出ます。
    途切れている個所を0と判定している為、予測に影響する過去時間比率を1とすると増加予測となっています。

    -5.予測に重みを付加して、非直線予測の例。
    


4.その他

    -1.本ソフトは参考機能として紹介しています、よってサポートは有りません。
    -2.現在は過去の該当データのみで予測しているが、実際にはその他の要因による変化が有ります。
    -3.自動取引には、別途ユーザーさんが加入している取引業者のAPIの利用かWebの制御機能の追加が必要となります。
    -4.自動取得データは提供元が停止、又は仕様変更により取得できなくなる可能性が有ります。
    -5.データが途中からしかないときの、自動補正機能を追加

5.関連リンク

   RVMX トレンド予測ソフトのランチャー
   FX(外貨変換レート)チャートでRVMX AIによる将来値予測β版(参考)
   日本の人口チャートでRVMX AIによる将来値予測β版(参考)
   日本の労働人口チャートでRVMX AIによる将来値予測β版(参考)
   株価チャートでRVMX AIによる将来値予測β版(参考)
   株価の指定期日後の値上がり高い順に検出β版(参考)

  注意:.NetFrameWork4.5以上がインストールされている必要があります。

提供ソフトのQ&A
(有)RVMX