RVMX 屋内・構内無線レイトレーシングβ版(参考)

RVMX 屋内・構内無線レイトレーシングβ版(参考)

概要

 RVMX 屋内・構内無線レイトレーシングβ版(参考)で回線設計よりも利用を可能にします。

  今まで、広域のVHF・UHF無線サービスエリアシュミレーションは有りましたが、G帯の屋内・構内シュミレーションは提供していませんでした。
  そのため、今回レイトレーシング法による複数基地局よりの屋内・構内無線サービスエリアのシュミレーションを作成しました。
  対象は主にWifi(無線LAN2.4G・25G・60G)などによるサービスエリアになると思います。
  本来別ソフトですが、参考機能として回線設計より無料で動作するようにしました。正規版は2020年版よりの予定です(2019年版は試用機能です。
    

1.使い方(起動方法)

   -1.回線設計よりのツールとして起動
    a.回線設計の最初の画面より、サブメニューを選択
     FWA/無線LAN・他を選択し、StartポタンをON
    

  b.サブメニューより選択

    無線レイトレーシングを選択し、OKポタンをON
    
    無線レイトレーシングがメニューに無い時は、メニューに登録
    登録したい場所を選択し、Menu Setボタンを押して、候補より無線レイトレーシングを選択
    c.詳細は2.無線レイトレーシング画面説明を参照

    
   -2.CADで建物内や構内などの壁を図面で作成し、DXFで保存
    CADは何でもOKです。現在手持ちがない方はJW_CAD・DraftSight等無料版もあります。
    壁の種類に応じて、色を変えて保存します。補助線なども色を変えておいてください。

   -3.壁データ(DXFファイル)の読み込み
    壁検出
    a.屋外にチェックが入っている時は外す。
    b.壁 検出ボタンをON
    目的のDXFファイルを選択し、開くボタンをON
    c.読み込んだ図面データの色で、指定が無い時はメッセージが出て指定が出来ます。
    
    壁の種類が?となっている個所を修正して下さい。
       補助線などのシュミレーションに関係ない線は、反射率0%及び透過率100%として下さい。
    d.図面が開いて、スケール確認のメッセージが出ます。
     OKボタンを押した後、図面上で既知の長さ(出来るだけ長い垂直化水平線)の両端をマウスでクリック
    e.指定した長さの入力を求めてきます。
    mで長さを入力
    f.壁の種類の変更や再設定。
     DXF線色指定ボタンを押してください。
    
      各壁の名称や種類・反射率%・透過率%・面の粗さ%・中空が有る時は上端の高さ及び下端の高さを指定
      変更・追加・削除もできます。
      凡例ボタンで画像化もできます。
    

    無線条件
    
    a.周波数    GHzで指定
     a-1.周波数幅 出力単位が/MHzとなっているときは周波数幅(MHz)を指定します。
    b.基地局指定
     b.基地局選択 複数基地局より選択します。
            変更・追加・削除ができます。新規ボタンは基地データをクリアします。
            注意が必要なのは、画面で基地局諸元を変更しても、変更や追加ボタンを押さないと繁栄されません。
     b-1.局名   局名を指定
     b-2.X座標(m) 図面の左端よりの距離(m)、但しダブルクリックをすると図面上で位置指定が出来ます。
     b-3.Y座標(m) 図面の上端よりの距離(m)、   〃
     b-4.送信電力 送信電力を指定、但し事前に単位をしておいてください(無線レイトレーシング画面説明のメニュー説明参照)      b-5.空中線
      b-5-1.名称 空中線名称、又指向性空中線の場合はダブルクリックでファイルを指定します。
      b-5-2.利得 空中線利得を指定
      b-5-3.方向(度) 指向性の場合の空中線の取り付け方向指定、又フェイズドアレイの場合は/を付けて有効角度も指定できます。(90/180等)
      b-5-4.フェイズドアレイ フェイズドアレイアンテナの時チェックをします。
     b-6.空中線地上高(m) 空中線地上高(m)を指定
     b-7.空中線系損失  ERPで無い時は空中線系損失を指定できます。
    c.移動局指定
     c-1.空中線  受信がエリア電界の時は出てきません。
      c-1-1.名称 空中線名称。
      c-1-2.利得 空中線利得を指定
     c-2.空中線地上高(m) 空中線地上高(m)を指定
     c-3.移動系損失 空中線系損失を指定できます。但し、受信がエリア電界の時は出てきません。
    d.図面ボタン  図面上に基地局の位置を表示します。

    シュミレーション
    a.開始ボタン  シュミレーションを開始します。
 
    全局の時はプログレスバーが二段となります

    出力
     シュミレーションが終了すると、下記の出力ボタンが有効となります。
    
     a.印刷    プリントアウト
     b.PDF     PDF出力、ファイル出力をしているとファイル名を聞いてきます。
     c.ODF     ODF(オープンドキュメント)出力、ファイル出力をしているとファイル名を聞いてきます。
            また、ワープと関連付けしていると自動的にワープロで表示します。
     d.XPS     XPS出力、ファイル出力をしているとファイル名を聞いてきます。
     d.SVG     SVG出力、ファイル出力をしているとファイル名を聞いてきます。
            ブラウザと関連付けされていると自動的にブラウザで表示します。

2.無線レイトレーシング画面説明

   -1.初期画面
    データは設定されている例
    屋外にチェックが入っている時は外す。

    a.メニュー
     a-1.システム
    
      a-1-1.ファイル  ファイル操作について
       a-1-1-1.読込み データファイルの読み込み。(拡張子は.rtzです[rrtは非圧縮タイプ])
       a-1-1-2.保存  データをファイルへ保存。
       a-1-1-3.出力をファイルへ保存 最終結果を出力時にファイル出力が可能な時に、ファイルへ保存。

      a-1-2.データ削除 現在読み込まれている、データを削除します。

      a-1-3.出力/電界 現在読み込まれている、データを削除します。
    
       a-1-3-1.出力の単位 基地局出力の単位
        a-1-3-1-1.dBm   基地局出力の単位をdBmで指定
        a-1-3-1-2.mW    基地局出力の単位をmWで指定
        a-1-3-1-3.mW/MHz  基地局出力の単位を1MHz当たりのmWで指定
        a-1-3-1-4.dBm/MHz 基地局出力の単位を1MHz当たりのdBmで指定

       a-1-3-2.受信単位  受信局の単位
    
        a-1-3-2-1.エリア電界(dBm)   受信局の単位をdBmで規定
        a-1-3-2-2.エリア電界(dBμV/m) 受信局の単位をdBμV/mで規定
        a-1-3-2-3.受信電界(dBμV)   受信局の単位をdBμVで規定

       a-1-3-3.ERP(送信)  基地局出力をERPで規定

      a-1-4.屋内用固定透過損失  1階より2階な都へへの床の透過損失を固定値で設定。

      a-1-5.電界値-色     作図する電界値-色の関係を設定。
    
    

      a-1-6.アンテナパターン  登録済みのアンテナパターンを確認。
    拡張子antpat
    新方向を真上に

      a-1-7.下記設定を固定   以下の設定をデータ読み込み時でも変更しない。
       a-1-7-1.メッシュ数   シュミレーションのメツシュ数。

      a-1-8.不透過度(%)     電界結果を作図時の透過度%。

      a-1-9.局マーク      局位置マークの作図時設定。
    
       a-1-9-1.色       局マークの色設定。
       a-1-9-2.マークサイズ倍率 局マークの作図倍率。
       a-1-9-3.線幅      局マークの線幅。
       a-1-9-4.フォントサイズ 局名のフォントサイズ。

      a-1-10.注釈        局位置マークの作図時設定。
    
       a-1-10-1.色      注釈の色設定。
       a-1-10-2.フォントサイズ 〃のフォントサイズ。

      a-1-11.出力        報告書出力の設定。
    
       a-1-11-1.タイトル   報告書のタイトル設定。
       a-1-11-2.会社名    報告書の会社名設定(空白も可能)。
       a-1-11-3.日付印刷   報告書に日付を付ける。
       a-1-11-4.アンテナパターンを出力しない 報告書にアンテナパターンを出力しない。
       a-1-11-5.地図や図面を回線しない 報告書の地図や図面を回線しない。(Offの時は自動で判定し回転するときが有ります)
       a-1-11-6.地図や図面は新ページ  報告書の地図や図面の時はカイページを行う。
       a-1-11-7.詳細出力   報告書に詳細なデータを出力。

      a-1-12.自動Mail      設定が有ると、シュミレーション終了後、指定mailへ連絡をします。
    
       a-1-12-1.有効     mail発送が有効。
       a-1-12-2.メール設定  Mailの詳細設定(Mailサーバー・ID・パスワード・送り先など)。
    

      a-1-13.終了        本ソフトを停止します。

     a-2.条件
    
      a-2-1.下記設定を固定   以下の設定をデータ読み込み時でも変更しない。
       a-2-1-1.最大壁反射数  壁反射の最大回数を設定。
       a-2-1-2.壁判定厚さ   壁の最小厚さを設定。
       a-2-1-3.入射角による反射・透過への影響 入射角による反射・透過への影響を設定。
      a-2-2.透過無し      シュミレーションで壁の透過をさせない。
      a-2-3.反射無し      シュミレーションで壁の反射をさせない。
      a-2-4.壁の空間通過無し  シュミレーションで壁に空間が合っても通過させない。

     a-3.Help
    
      a-3-1.説明        操作説明。
       a-3-1-1.屋外Help    屋外無線レイトレーシング操作説明。
       a-3-1-2.屋内・構内Help 屋内・構内無線レイトレーシング操作説明。
      a-3-2.バージョン     バージョン表示。

    b.画面説明
      操作説明参照

3.結果の図面表示

    

    -1.メニュー
     a.システム
    

      a-1.保存    画像として保存します。
      a-2.保存後表示 保存後即表示します。
      a-3.終了    画面を閉じます。
     b.表示
      b-1.画面に合わせる 表示を画面サイズに合わせます。
    

     c.立体表示
      c-1.表示    立体表示を開始
    

      c-2.天井高さ  壁の高さを設定(m)
      c-3.壁の色をDXFより 壁の色をDXF(CAD)に合わせる。
      c-4.基地局柱  基地の位置に柱を設置
  

4.結果例

   -1.PDF出力例
    

    


5.その他

    -1.OSが日本語環境の時は日本語の操作・出力となり、その他は英語操作・出力と自動的になります。
    -2.反射回数を多くすると、速度が遅く成ります。
    -3.損失計算に自由空間損失を基本とし、建物壁面での反射・透過・拡散・通過を考慮しています。
    -4.本ソフトは現在参考機能として紹介しています、よってサポートは有りません。但し、ご意見は受け付けます。

6.関連リンク

   RVMX 屋外無線レイトレーシングβ版(参考)
   RVMX Wifi信号測定ツールβ版(参考)

  注意:.NetFrameWork4.5以上がインストールされている必要があります。

提供ソフトのQ&A
(有)RVMX